【LibreOffice Calc】openpyxlでLibreOffice Calcのファイルを作る方法

openpyxlでLibreOffice Calcのファイルを作る方法

openpyxlでLibreOffice Calcのファイルを作る

LibreOffice CalcでPythonのOpenPyXLで作業を自動化

LibreOffice CalcはVBAを利用して作業を自動化できます。Excelと同じ表計算ソフトであるLibreOffice Calcでは、最近ではPythonのOpenPyXLを用いて作業を事業化する傾向が増えています。一部の人はVBAが時代遅れであるため、Pythonを推奨する傾向があります。私自身もVBAで充分ではないかと考えることがありますが、実際にPythonで自動化を試したことがありませんでした。

未経験ながらも、PythonよりもVBAを主張するのは不自然だと感じ、LibreOffice CalcでOpenPyXLを活用してみることを決意しました。このブログのカテゴリでは、LibreOffice CalcでOpenPyXLを使用して何ができるのかを詳しく紹介していきます。

LibreOffice CalcでOpenPyXLを使用する際の準備

LibreOffice CalcでOpenPyXLを活用するためには、まずPythonをパソコンにインストールする必要があります。以下は、Windows、Mac、およびLinux環境へのPythonのインストール手順を紹介します。

Pythonのインストール方法

WindowsにPythonをインストール

Windows環境にPythonをインストールするには、Pythonプログラミング VTuber サプー様の分かりやすい動画がありますので参考にしてください。

【Pythonプログラミング入門】Windows PCにPythonをインストールして動かす!〜VTuberと学習するプログラミング〜
MacにPythonをインストール

Mac環境にPythonをインストールするには、Pythonプログラミング VTuber サプー様の分かりやすい動画がありますので参考にしてください。

【Pythonプログラミング入門】MacにPythonをインストールして動かす!〜VTuberと学習するプログラミング〜
LinuxsにPythonをインストール

Linux環境にPythonをインストールするには、以下のテック部様のブログ記事を参考に行ってください。

Ubuntuに最新バージョンのPythonをインストールする
Ubuntu(Linuxすべて)にデフォルトでインストールされているPythonをそのまま使っていませんか?それは、ヤバイことだと知っていましたか?この記事では、デフォルトのPythonを使うことのリスクを説明して、新しいPythonをインストールする方法を解説しています。

OpenPyXLのインストール

OpenPyXLをインストールする手順は簡単です。Windowsの場合はコマンドプロンプト、MacやLinuxの場合はターミナルや端末を開いて、以下のコマンドを入力してください。

pip install openpyxl

もしOpenPyXLが正しくインストールできない場合、それはpipライブラリが十分にインストールされていない可能性があります。pipはPythonのパッケージ管理を担うライブラリであり、正しく動作することが必要です。

次に、以下のコマンドを実行してpipライブラリを最新バージョンにアップデートし、その後に再度OpenPyXLをインストールしてみてください。

以下のコードを実行したのちに、openpyxlを再インストールを実行してみてください。

python -m pip install --upgrade pip
python -m pip install openpyxl

こうすることで、pipライブラリが最新の状態に更新され、OpenPyXLの再インストールが出来ます。

VS Codeのインストール

VSCodeはMicrosoftが無料で提供している言語のいろんなプログラミングのコードを書くために用いられるコードエディターでPythonのコードを書くことが出来ます。

Windows,Mac,Linuxにインストール出来ます。

VSCodeをインストールするには、Pythonプログラミング VTuber サプー様の分かりやすい動画があり、Pythonのコードを書くための拡張機能のインストール方法も解説されているので、参考にしてください。

【VSCode】無料エディターのVSCodeをPythonコーディング用にカスタマイズしよう!〜初心者向け〜

今回のブログ記事では、openpyxlでLibreOffice Calcのファイルを作る方法を解説します。

ファイルですが、任意の場所にしてください。

ファイル名は、お好きなファイル名にしてください(私はcode.pyにしました)。
※この記事ではLinux(Xbunstu)で行いましたが、Windows、Macでも同じ作業でopenpyxlでLibreOffice Calcのファイルを作ることが出来ます。

openpyxlでLibreOffice Calcのファイルを作る方法

1.openpyxlでLibreOffice Calcのファイルを作るコードを入力する

opnepyxlでLibreOffice Calcのファイルを作るコードを入力します。

コードは以下の通りです。

from openpyxl import Workbook

このコードの意味は以下の通りです。

  • from openpyxl→openpyxlというライブラリをインポートする
  • import Workbook→openpyxlライブラリからWorkbookクラスをインポートする

このコードを実行することで、Workbookクラスを使用できるようになります。

なおWorkbookクラスとは、ブック(Excelファイル)のことです。

よく分からないという人は、Excelのファイルを作る時に、初めにこのコードを入力すればいい、程度に思ってください。

2.ブックを作成するコードを入力する

LibreOffice Calcのブックを作成するコードを書きます。

ブックを作成するには、Workbookオブジェクトを使用します。

このオブジェクトをブックの変数であるwbという変数に代入します。

コードは以下の通りです。

wb = Workbook()

3.シートを選択する

Calcでブックを作成すると、必ずシートが一つ作成されます。

今回、このシートのA1セルにHello World!という文字を入力してみようと思います。

そのためには、シートを選択する必要があります。

選択するには、Workbook.active属性を使用します。

Workbook.active属性は、wb.activeと入力してください。

この属性をシートの変数であるwsに代入します。

コードは以下の通りです。

ws = wb.active

4.セルに文字を入力する

セルに文字を入力する際には、wsの後に[]をつけ、その中にセルの位置を入力します。

そして=をつけ、’’をつけ、その中に、文字を入力します。

今回はA1にHello World!と入力したいので、以下のコードを書きます。

ws['A1'] = 'Hello World!'

5.ブックを保存する

openpyxlでは、ブックを保存する際には、Workbook.saveメソッドを呼び出します。

Workbook.saveメソッドはwb.save(‘ファイル名’)と入力します。

今回はsampleというファイル名にしたいので、以下のようなコードを書きます。

wb.save('sample.xls')

ここで注意してほしいのが、拡張子です。

Calcでは、通常拡張子は.odsですが、この拡張子はopenpyxlだと使用出来ません。
Excelの拡張子である.xlsを使用してください。

以下は今まで書いたコードをまとめたものです。

from openpyxl import Workbook

wb = Workbook()
ws = wb.active
ws['A1'] = 'Hello World!'
wb.save('sample.xls')

入力が終わったら、VSCodeの実行ボタンを押してください。

openpyxlでLibreOffice Calcのファイルを作る方法

すると、左側のエクスプローラーにsample.xlsというファイルが現れ、ファイルが作成されたことが確認できます。

openpyxlでLibreOffice Calcのファイルを作る方法

作成されたファイルを開いてみます。

するとシートのA1セルにHello World!という文字を入力されています。

openpyxlでLibreOffice Calcのファイルを作る方法

タイトルとURLをコピーしました